PICK UP!ジョン・ウィック第3弾「ジョン・ウィック:チャプター3(原題)」撮影快調!!

2018年06月21日

NEWS エンタメ 映画

 

【新作映画情報】ジョン・ウィック第3弾『ジョン・ウィック:チャプター3(原題)』撮影快調!!

※画像は第1作『ジョン・ウィック』より

2015年6月。当サイトのオープン間もない頃、新作映画レビュー「Gun観しやがれ!」の記念すべき第1回を飾ってくれたのが、キアヌ・リーブス主演の超絶ガンアクションムービー『ジョン・ウィック』でした。

本作はスマッシュヒットとなり、ハリウッドで長らく作られなかったガンアクションを大々的にフィーチャーした作品、そして低迷期にあったキアヌの復活の狼煙として映画ファンやガンマニアの溜飲大いに下げてくれました。

昨年には続編となる『ジョン・ウィック:チャプター2』も公開されまた大ヒット。そして3部作の完結編にあたる第3弾『ジョン・ウィック:チャプター3(仮題)』が現在撮影中との報が飛び込んできました!

動画は19日にニューヨークはタイムズスクエアで行われた撮影にの1コマ。豪雨降りきしる中、相棒であるワンちゃんと雑踏を駆け抜けるジョン(キアヌ)の姿が確認出来ますね。撮影は約10時間にも及んだとのこと。お疲れさんです!
 

現時点で確認出来るストーリーは、前作ラストで殺し屋の聖域である「コンチネンタル」の掟を破り追放されたジョンが、愛犬と共に殺し屋たちの包囲網の中ニューヨークを脱出する、というものらしいです。今回はシリーズ最大の壮絶なアクションが期待できそうなので今から楽しみです!今回ジョンはどんなカスタムガンを使用するのかも興味深いところですね。
 

監督はシリーズの生みの親であるチャド・スタエルスキ。脇を固めるキャスト陣は、『マトリックス』シリーズでキアヌと共演、前作より参加のローレンス・フィッシュバーンに加え、アカデミー賞女優であり、『007ダイ・アナザー・デイ』などでアクションも披露したハル・ベリー、『女と男の名誉』などの大御所アンジェリカ・ヒューストン、そして『クライング・フリーマン』などB級アクションで活躍を続けるカリスマ、マーク・ダカスコスがジョンの宿敵として登場。かつてない豪華なキャスト陣が作品に重みを与えてくれることでしょう。

『ジョン・ウィック:チャプター3(仮題)』は2019年5月17日全米公開予定。日本公開は未だ未定ですがおそらく6月辺りになるのでは?来年が待ちきれません!!

投稿者:ToyGun.jp編集部