PICK UP!エアガンや装備をディスプレイ収納出来る優れモノ「ハンドガンラック」が登場!!

2018年06月08日

アイテム 収納

「エアガン、モデルガンやサバゲーの装備類をスッキリ収納したい!」

「出来たらディスプレイ風にカッコ良く飾りたい!」

トイガン、サバゲー好きならこれは永遠のテーマ。しかし、なかなか良い収納用品が見つからない。かといってDIYも一苦労だし・・・。

そんなアナタに朗報!!!

インテリアブランド「Bauhutte(R)(バウヒュッテ)」より、ハンドガンやサバイバルゲームの装備などを飾って収納できる

【ハンドガンラック】

が発売となったのです!!(拍手)

「ハンドガンラック」は、ディスプレイ用のパンチングボードを後面に備えた、自立型3段ラックです。 パンチングボードを用いてハンドガンやカスタムパーツの引っ掛け収納が可能。 すぐにディスプレイできるよう、専用フック6個を標準装備。 フックの設置位置は自由に変更が可能。
基本的な構造はスチールラックと同じであるため、背面ボード、天板、棚板の高さや位置は自由に設定可能。 組み合わせ方次第で、長尺のライフルなども斜めに掛けられるようになっているのが嬉しいですね。

天板は幅60cm×奥行き30cm。 ハンドガンのメンテナンスなど、作業台としても活躍。

 

天板下にはメンテナンスキットや小物、マガジンなどの収納に便利なファブリック製の引き出し付き。

 

製品全体はハンドガンや装備を引き立てるダークグレー、天板と引き出し部分のみ、パーツや工具を目立たせ、汚れが目立ちにくい黒色を採用。棚板は細かい目のメッシュを採用し、安定性と強度を確保。 一般的なスチールラックなどでは隙間から落ちてしまいかねないアイテムも収納可能です。

《組み立て&レイアウト例》

説明書通りに組み立てる、ハンドガンのディスプレイに最適な“スタンダード仕様”

 

天板の位置を下げ、パンチングボードを3枚とも上に設置すると、長物の収納に適した“ガンロッカー仕様”。装備類を手前のポールに引っ掛けることも可能。

 

ハンドガンラックを2台並べ、横に拡張することで長物をキレイにディスプレイ!下段に装備類やウェアをたっぷり収納出来る“デュアル仕様”

 

奥行き60cmのデスクサイドにピッタリと収納できる“デスク横仕様”。天板の高さを揃えれば、デスク横幅を27cm延長することが可能。お気に入りのアイテムをすぐ手に取れる範囲に置きながら作業が出来るのが最高!  ※ 画像では、昇降式PCデスクを使用。

 

「ハンドガンラック」に収めた装備一式を、ライフルなどの長尺物の運搬を可能にする縦型大容量「スリムスーツケース」(希望小売価格:22,000円、兄弟ブランド「BIBI LAB」より販売中)にそのまま詰めれば、スピーディーな準備でフィールドにGo!

 

まさに「こんなラックを待っていた!」な、痒いところに全力で手が届く多機能なディスプレイ型収納ラック。

当サイト編集責任者もその上の人も絶賛&オススメの逸品ですよ!

 

【ブランド名】Bauhutte(バウヒュッテ)
【商品名】ハンドガンラック
【型番:カラー】BHS-1500HG-GY:ダークグレー
【サイズ・重量】幅600mm×奥行305mm×高さ1515mm、12.9kg
【耐荷重】合計で100kg未満(メッシュ棚板:各70kg、天板:30kg)
【材質】メッシュ棚板・ポール・パンチング板:スチール(エポキシ粉体塗装)、天板:MDF
【希望小売価格】オープン価格(税別参考価格:16,500円)
【製品ページ】http://www.bauhutte.jp/product/bhs1500hg/

※注意※
・「ハンドガンラック」は、銃砲刀剣類所持等取締法に該当しないトイガンを収納することを目的としています。
・「ハンドガンラック」は、壁際に設置することを想定して設計されています。ディスプレイによって荷重が高い位置に集中した場合、後方へ倒れやすくなります。転倒を避ける為に、壁際などに設置するようにしてください。
・演出上、装備を身につけた状態で出かける画像がありますが、フィールドに着いてから着替え・装着をしてください。

投稿者:ToyGun.jp編集部