PICK UP!東京マルイ フェスティバル in ベルサール秋葉原4th 潜入レポ!!前編

東京マルイ フェスティバル in ベルサール秋葉原4th 

東京マルイが新製品の展示やイベントを行う年に一度のガンフェス「東京マルイフェスティバル」が、秋葉原のイベントスペースならココ!の「ベルサール秋葉原で11月11日(土)、12日(日)で開催されました。

今回、トイガンJP特派員が11日(土)に現地に潜入!!その内容を少しではありますがレポートしてみたいと思います♪

当日は天気も良く会場は多くのマルイファン、トイガンファンで大盛況!熱気で溢れかえっておりました。

まずはお馴染みの電動ガンシューティングレンジ。今回は発売間近の期待の次世代電動ガン「AK47」が試射できるということで多くのファンが行列を作っておりました。AK大好きな特派員としては撃ちたくて撃ちたくてハアハアワクワクしてたのですが、あまりの行列に断念・・・おとなしく会場潜入人任務に戻りましたとさ。

 

そんな訳でAK流れということで、めでたく再販が決定した次世代電動ガン「AK74MN」を激写!大好評を博した逸品だっただけに再販の報を聞いてウンパルンパダンスを踊る人も多いのではないだろうか(私は踊りました)。生産終了となり涙を呑んだ皆様、今回は朗報で随喜の涙を存分に流してくださいな。神様、仏様、マルイ様〜!!!!ありがたやありがたや!!!

 

それでは東京マルイ期待の新製品ラインアップをば。まずはチェコが生んだコンパクト・サブマシンガンの傑作「Vz61 スコーピオン」の進化系として登場する

「SCORPION MOD.M(スコーピオン モッド エム)」

・エム・ロック レイルシステム採用
・マズルガードは〈ストライクフェイス〉形状。逆に装着することで〈突起無し〉にすることも可能。
・アウターバレルとボルト、トリガーはゴールドカラー。
・樹脂製フォールディングストックで軽量化を実現。
・260(予定)連射マガジン標準装備!ワッフルパターンのストレートマガジン

これは個人的にかなり楽しみで仕方ない新製品。もともとスコーピオン好きであったのと、原型をとどめながらも全く新しいフォルム(なんだったらSF映画に登場してもおかしくない)がタマランほど魅力的!!しかも260(予定)連射マガジン標準装備ってことでサバゲーでバリバリ撃ちまくりたい!!!

※2018年春 新発売予定
※価格未定
※マイクロプロサイト別売

 

続いてはプロが選ぶハンドガン“the Professional”の冠で登場するガスブローバックガン

「USP」

・迫力のリコイルを実現する15ミリ・ラージボアシリンダー搭載
・実銃採寸により、細部までリアルさを追求。
・マルイ初のエキストラクターを別パーツ、金属製で再現。
・25連リアルサイズマガジン。
・20ミリ・アンダーマウントレイル付属。
・オプション・マイクロプロサイト(別売)装着可能。

人気のUSPが外観、性能共に究極を目指したプロフェッショナルモデルとして登場!無骨さとスマートさが絶妙に同居するフォルムで近代オートを代表する一丁として評価の高い本銃が、マルイならではのこだわりを詰め込んだガスブロガンとして降臨するぞ!!

※2017年末 新発売予定
※メーカー希望小売価格 ¥16,800(税抜)
※別売スペアマガジン(装弾数25発)¥2,980(税抜)

 

ということで、焦らし寸止め大好きの特派員によるレポート前編はここまで!

次《後編》では新製品&企画進行中製品情報、記念ショットなどをお届けします!!

 

東京マルイ公式サイト http://www.tokyo-marui.co.jp/

 

こちらはスダンダード電動ガン

投稿者:ToyGun.jp編集部