PICK UP!【小ネタ集】帰ってきた「こんなサバゲーマーはイヤだ!!!」

2017年08月02日

企画

お久しぶりです。頼まれもしないのに2年ぶりに帰ってまいりました・・・。

2015年の夏・・・悪ふざけ企画としてひんしゅくを買い 、それでも強引グ・マイウェイで3回も続けてしまった【小ネタ集】こんなサバゲーマーはイヤだ!!!

そんな黒歴史企画が今夏の暑さのドサクサに紛れて帰ってまいりました。

ネタ不足??

い、いえいえ・・・いえいえいえいえいえいえいえいえいえいえ家いえいえいえいえいえいえいえyeahいえいえいえ!!!

け、け、決してそんなことではありません。

では恒例の前フリから始めます。

 

◆サバゲー仲間を探せ!

サ バイバルゲームに参加するには、フィールドやトイガン・ミリタリーショップなどが主催する定例ゲーム会 に個人で参加したり、同じサバゲー仲間や友 人でチームを結成したり、身近にサバゲーが趣味の人がいない場合は既存のチームに加入するなどの方法があります(チームのサイトでメンバー募集していたり します)。

ルール遵守が命のサバゲーなので、サバゲーマーの皆さんは真面目で良い人が多いです。

が、万が一こんなサバゲーマーがいたらイヤだ!と2年前にその一例を紹介。その甲斐あってか、その後フィールドには平和が訪れたようですが・・・。

 

◆でもでもでもやっぱり、こんなサバゲーマーはイヤだ!

・ゾンビメイクで参加してゾンビ行為を行う二重に迷惑なヤツ。

・エアガンを忘れ、素手でBB弾を投げて相手チームを殲滅させる豆まきのエキスパート。

・仲間がヒットされる度に全員で泣き叫び復讐を誓う絆の強すぎるチーム。

・ギリースーツかと思ったらワイアール星人。

・「ヒットされてもシグシグ泣かないでね〜」「銃が重くて肩がコルト」「ちゃんと撃っとルガー」・・・・・・・・・・・・・・・・・・とか言うヤツ!

・ゲーム中に豪快なオナラを連発し、近くの仲間を後退させるため「ガスブローバック」という仇名を頂戴したヤツ。

・ゲーム中にすかしっ屁を連発し、自らに「エアコキ」という仇名を付けて一人で笑ってる気持ち悪いヤツ。

・女子参加と聞いて香水を全身に散布するも、汗臭と混じり生物兵器並みの異臭を放ち結果大パニックを巻き起こす意識高すぎの鼻腔テロリスト。

・猛暑の野外サバゲーでみんなが熱中症にならないよう、散弾銃で岩塩弾をお見舞いする限度知らずの優しいヤツ。

みんな、塩分摂ってね〜♪

 

・猛暑の野外サバゲーでみんなが涼しくなるよう、休憩中に稲川順淳二ばりの最恐怪談を披露し、参加者の熱ばかりか戦意まで喪失させる策士なヤツ。

 

では調子を取り戻してきたので、今回は特別に

◆こんな野外フィールドはイヤだ!

・ゲーム中にジィさんバァさんが農作業を始める。

・夏場にはチュパカブラ、冬場にはビッグフットが現れる。

ゲーム中さーせんね〜、UMAがとおりますよっと♪

 

・オーナーが登場して「今日はみなさんに、ちょっと殺し合いをしてもらいます」と、首をコキコキさせて言う。

・半月に一度くらい、オーナーが本物のスナイパーライフルで参加者をこっそり狙撃している。

・そんなワケで、たまにフィールドに人骨が転がっている。

・UH-1ヘリによる本物の空爆が味わえる「ギルゴア中佐プラン」というオプションがある。

 

◆こんなインドアフィールドはイヤだ!

・最寄り駅から送迎車が出ているが何故か施設に入るまで目隠しをされる。

・受付は40帖だがフィールドは4帖。

・屋根がない。

・季節を通じて貞子が現れる。運が良ければ伽椰子&俊雄にも会える。

・常設してある人型ターゲットの頭部から髪の毛が伸びてきている。

・帰る際は変な液体を飲まされ、気が付くと最寄り駅のベンチにいる。

 

 

はい!

えーとですね〜・・・。

え〜・・・。

すみません、今回も心よりお詫び申し上げます。

次は

あるのでしょうか・・・(懲りてない)

投稿者:ToyGun.jp編集部