PICK UP!書を捨てなくてもいいけど、フィールドへ出よう【野外サバゲーのススメ】

2017年03月28日

コラム 企画

DSCF0040

「サバゲーってインドアとアウトドア、どちらのほうが楽しいの?」

「そーねー・・・それはお父さんとお母さんどちらを取るか?と同じ質問だよ」

サバゲー初心者のかたからのごもっともな質問に、あまりにもアレな返しをしてしまったワタクシ・・・。

ホントそれぞれ違ってそれぞれ楽しいんですよね。簡単にアウトドアフィールドとインドアフィールドのメリットを紹介すると

【アウトドアフィールドのメリット】
・大人数でプレーを楽しめる
・エアガンのパワーや特色をフルに発揮できる
・野外で食べる昼食の味は格別
・広いフィールドで味わう開放感
・迷彩服やBDUの効果を発揮できる

 

【インドアフィールドのメリット】
・天候に左右されない
・都心にあることが多く気軽に行ける
・室内なので服が汚れない
・近距離戦の緊張感がたまらない
・インドアならではのユニークなギミックが楽しめる

てなとこでしょうかね。

まあ、サバゲーの醍醐味はインドアとアウトドア両方を楽しまないと分からないというのが真意ですが、ここ最近のメディアにおけるサバゲー特集で紹介されているのがほとんどインドアフィールドだったので、今回は季節も春ということだしアウトドアサバゲーの魅力を簡単にご説明したいと思います。自然の空気を吸いながら青空の下で行うサバゲーの爽快感は格別です。

 

アウトドアサバゲーのススメ

・大人数でプレーを楽しめる

spf02

ア ウトドアフィールドなら広大な敷地で大人数でサバゲーが楽しめます。同人数でチーム分けしての団体戦はもちろん、使用するエアガンの弾数やパワーにハンデ をつけて小人数対大人数の籠城戦、隠密戦やゲリラ戦、要人警護戦など様々なバリエーションが楽しめるのが最大のメリットです。サバイバルゲーム本来のワイ ルドな醍醐味を味わえます。あと、夏場なら合間に水鉄砲戦で涼むのも◎これもアウトドアフィールドならでは。

・エアガンのパワーや特色をフルに発揮できる

_DOI4614

遠 距離から一撃必中を狙うスナイパーライフル、機動性重視のサブマシンガンやアサルトライフル、弾数勝負のマシンガンなど、エアガンも種類によってパワーや スペックが異なります。野外のフィールドならその広さを活かして、それぞれのエアガンの利点をフルに発揮させることが可能です。

・野外で食べる昼食の味は格別

lunch-box-983710_640

まあ、これはサバゲーに限らずあらゆるアウトドアスポーツやレジャーにいえることですが、やっぱり外で食べるお昼ご飯は何倍も美味しく感じます。自然の空気は最高のスパイス!お弁当もいいですが、可能であれば現地でキャンプ気分でクッキングも最高ですね。

・広いフィールドで味わう開放感

DSCF0050

これは特に説明するまでもありません。日頃のストレスを自然の中で思いっきり発散して下さい。

・迷彩服やBDUの効果を発揮できる

Topkamosika

あ、失礼しました・・・

CV-CRPLDSJKT-HLD

リー ズナブルなレプリカから本格派向けの実物まで、サバゲーで着用するウェアといえば迷彩服や戦闘服が多いです(もちろんこれらに限りませんが)。いうまでも なく迷彩服や戦闘服は森林や砂漠地帯などで自然や背景に溶け込むカムフラージュのために作られているので、その効果を最大限に活かす舞台はやっぱり野外で すね。

 

アウトドアフィールドの魅力をお伝えするにはまだまだ言葉足らずかも知れませんが、子供の頃に楽しんだ銀玉鉄砲、水鉄砲、かくれんぼ、といった「外での遊び」の要素をひっくるめてバージョンアップしたのがアウトドアサバゲーの魅力といっても過言ではないでしょう♪

さあ、書を捨てなくていいので、野外フィールドへ出よう!!

投稿者:ToyGun.jp編集部