PICK UP!HOMEFRONTシリーズ最新作「HOMEFRONT the Revolution」発売!!【新作ゲーム情報】

2016年05月16日

エンタメ ゲーム

20150408_HFR_screen_05これはゲームか、現実か。いま、革命をかけた壮絶な戦いの火蓋が切られる!

【『HOMEFRONT the Revolution』とは】

北朝鮮を母体とした軍事大国“大朝鮮連邦”によるアメリカ合衆国占領を描く「HOMEFRONT」。そのシリーズ最新作が世界同時期発売決定!前作の物語から2年後、アメリカの地でより強固な支配体制を築いたKPA(大朝鮮連邦の軍隊)と、彼らの手から祖国を解放せんとするアメリカ人レジスタンス達の戦いが描かれる、HOMEFRONTシリーズ最新作「HOMEFRONT the Revolution」がついに発売!20150408_HFR_screen_03

【更なる進化を遂げる戦術システム】

占領下のフィラデルフィアを自由に探索し、多彩なゲリラ戦術(闇に乗じて攻め入るなど、環境を味方に付けた戦術が可能)でKPAに挑むオープンワールドタイプのシングルプレイに加え、リプレイ性の高いオンライン協力モードも用意。CryEngine3による美麗なグラフィックをはじめ、あらゆる面で前作から大幅に進化!銃器に装備するサイレンサーや光学サイトなどのアタッチメントは、ゲーム中状況に応じていつでも着脱可能。またオンラインモードでは、ストーリーとは独立した最大4人での協力プレイが可能。使用するキャラクターを、銃器だけでなく外見やスキルをカスタマイズする要素も用意されており、ミッションで得た報酬を消費して新たな武器やアイテムを入手できる。

20150408_HFR_screen_01

【STORY】

2029年、KPAによるアメリカ侵攻から4年の歳月が流れた。かつて「歴史の街」として親しまれた東海岸第二の大都市フィラデルフィアも、今や非人道的な統治が行われている「悪夢の街」へと変貌していた。そんな中、イーサン・ブレイディは、人々を迫害から救うべくレジスタンスへの参加を決意する。そして、人々を迫害から救い、アメリカの自由を取り戻すための戦いが幕を開ける。HF-TR ANNOUNCE SCREEN 2 - 17.00CET 2nd JUNE 14

HF-TR ANNOUNCE SCREEN 4 - 17.00CET 2nd JUNE 14

 ■初回限定特典:「レボリューショナリースピリットパック」初回特典<シングルプレイ用>「レッドスカル」バイクスキン、ハンドガン用ゴールデンスキン
<CO-OP用>スナイパースコープ、マークスマンライフル、リモート爆弾

 

対応機種 : Xbox One/PlayStation®4
ジャンル : オープンワールドFPS
発売日 : 2016年5月19日発売予定
希望小売価格 :
パッケージ版:7,980円+税
ダウンロード版:7,200円+税
プレイ人数 : 1人(オンライン2~4人)
年齢別レーティング(CERO):
D(17才以上対象)
開発元 : Deep Silver Dambuster
販売元 : 株式会社スパイク・チュンソフト

© 2016 and published by Deep Silver, a division of Koch Media, Austria. Developed by Deep Silver DambusterStudios. Homefront, Deep Silver and their respective logos are trademarks of Koch Media GmbH. Portions of this software are included under license © 2004-2016 CrytekGmbH. All rights reserved. Crytek, CryEngineand their respective logos are trademarks of CrytekGroup. Uses BinkVideo. Copyright ©1997-2016 by RAD Game Tools, Inc. All other trademarks, logos and copyrights are property of their respective owners. All rights reserved. Licensed to and published in Japan by Spike ChunsoftCo., Ltd.

「HOMEFRONT the Revolution」公式サイト
http://www.spike-chunsoft.co.jp/hfr/

投稿者:ToyGun.jp編集部