PICK UP!タナカ S&W M&P 360 .357Magnum ABS+セラコート モデルガン【ToyGun.jpポンコツ隊長の新作トイガンレビュー】

2016年04月26日

アイテム モデルガン

最近リボルバー熱が高すぎてハイになっている当サイトのポンコツ隊長。またまたタナカさんの新作リボルバーをご紹介いたします!

さて、今回の主役は

S&W M&P 360 .357Magnum  ABS+セラコート モデルガン2016-04-21 11.44.09

市場で最も人気のあるJ-フレームのなかで、軽量・強度が売りのM360シリーズ。かつて一世を風靡した名銃ミリタリー&ポリスの名を受け継ぐ、 軍・法執行機関への採用をターゲットとしたモデル。フレームとサイドプレートには専用のミリタリー&ポリスマークが入り、フロントサイトにはXS タイプを装備。実銃の質感を再現するため、本体/シリンダーにセラコート塗装を施し、トリガー、ハンマーはケースハードン仕上げとなります。少量生産品。

—株式会社タナカ Webサイトより引用—

2016-04-21 11.35.38

名門ガンメーカー、S&W(スミス&ウェッソン)が誇る傑作リボルバー、ミリタリー&ポリス。《ミリポリ》といえば、2005年にその名を受け継いだポリマーフレームのオートマチック《M&P》が登場し、ミリポリ=リボルバーという確固たるイメージがDNAレベルで刻まれているGunマニアを「びっくりぽん」させました。しかし、ルックスも性格 性能もハイレベルなオートの《ミリポリ》は割と好評をもって迎えられたのです。

しかし・・・しかしですよ、やっぱ《ミリポリ》つったらリボルバーでしょうよ!

と、いう訳で名誉あるその名を受け継ぐリボルバーM360の登場でございます。

2016-04-21 11.37.412016-04-21 11.38.39

フレーム 左右側面にそれぞれ印された「MILITARY & POLICE」「M&P」の証。「ミリポリです、やってます!」という頼もしい自己主張が眩し過ぎて直視できません。

DSC_124

なぜ只でさえ腕の悪い写真がここに来て更にクオリティダウンしているかというと、取り忘れによる急遽スマホで片手でプルプル(アルコールのせいでは断じてありません)状態での撮影のためです。ノークレーム、ノータリンでお願い致します。実物のM&P M360に採用されているXS Sightの24/7トリチウムナイトサイト(微量の三重水素で自発光、24時間・週7日戦えるタフマンな奴)の外観を忠実に再現したフロントサイトがお見事。

2016-04-21 11.42.43

シリンダーのスイングアウトは、リボルバーのお約束セクシーショットとして欠かせません。アンクルマイクス・タイプのブートグリップも小ぶりながらも手にしっくり馴染みます。

2016-04-21 11.43.16

戦隊ヒーローのように並ぶ5発のカートリッジ。6発リボルバーじゃこうはいかないぜ(当たり前ですが)。7mmキャップ火薬をセットして発火させます。

2016-04-21 11.49.58

マットブラックのボディはセラコートで表面仕上げされているので、質感も耐久性もバツ&グンなのでございます。

2016-04-21 11.40.51

ハンマー(撃鉄)とトリガー(引き金)はケースハードン(ヤキを入れる処理)仕上げ。黒バックで発火!といきたいところですが、お借りしたものなのでご勘弁を。あくまで銃口から火花が出ているのをイメージして下さい。ほら、信じれば火花も見えるわ♪

と、いうことで相変わらずユルユルのレビューでございました・・・。しかし、タナカ製M&P M360の完璧なまでの外観再現力と質感には一分の隙もございません。発売時期は5月中旬、少量生産品なので買い逃すとひ孫の代まで後悔すること間違いなし。《ミリポリ》の名を受け継ぐにふさわしい傑作Jフレームリボルバーに心酔せよ!!

【 商品詳細】

・材質:ABS樹脂+亜鉛ダイキャスト
・全長:163mm
・重量:360g
・装弾数:5発
・価格¥29,800(税抜)

株式会社 タナカ 公式Webサイト
http://www.tanaka-works.com/

投稿者:ToyGun.jp編集部