PICK UP!速報!「シン・ゴジラ」で陸自装備が怒濤の大活躍!!

2016年04月14日

企画

【遂に解禁!「シン・ゴジラ」の凶悪過ぎるルックス】 2016-04-14 14.45.42

12年ぶりに本家本元日本のゴジラが復活する、7月29日公開の「シン・ゴジラ」。「エヴァンゲリオン」の庵野秀明が監督を務めるとあって話題沸騰中の本作の予告編にて「新・ゴジラ」の姿が遂に解禁!

その姿は例えるなら1954年の初代ゴジラに、1955年の「ゴジラの逆襲」の2代目ゴジラの歯並び、1984年の「ゴジラ」のプロポーション、1995年の「ゴジラ対デストロイア」のメルトダウン・ボディを足して「庵野スパイス」を散りばめたグロテスクなケダモノといえようか・・・。その残忍な佇まいから漂う恐怖感は歴代最凶と言われた、2001年の「ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃」の白眼ゴジラさえ凌駕している。

【陸上自衛隊VSゴジラ!一大攻防戦に大期待!】

怪獣映画といえば、自衛隊と怪獣との攻防戦は外せない。「シン・ゴジラ」の撮影には陸上自衛隊・第一師団が練馬、立川、駒門の各駐屯地ならびに北富士演習場において協力。予告を観るだけでも自衛隊が誇る防衛装備のリアルな迫力が圧巻である。

8465388990_1f11f0b53d_b

10式戦車(出典元:陸上自衛隊公式HPより引用)

ゴジラに向けて数台の10式戦車が集中砲火を浴びせる、超信地旋回(キャタピラーを持つ車両が左右いずれかのキャタピラーを互いに逆回転させ、場所を移動することなく車体を回転させる動作)しながら主砲を撃つなど大活躍の模様。

 

8464412687_7a4f4217e6_o

AH-64D アパッチ・ロングボウ(出典元:陸上自衛隊公式HPより引用)

超高層ビル群の谷間でゴジラと正面から対峙するアパッチ!この構図が最高にカッコ良く、本編でも白眉のシーンとなるかも。

 

9361641635_3a759c6a77_z

155mm榴弾砲(出典元:陸上自衛隊公式HPより引用)

隊列を組んだ155mm榴弾砲の一斉射撃が大迫力。この当たりのカットには強い「庵野イズム」が感じられる。

 

予告編映像には他にも自衛隊が誇る陸海空の装備が登場しているが、なにぶん「ゴジラ」は得意でも自衛隊装備についてはまだまだ勉強中なため、正確な把握が出来ない旨をご容赦頂きたい。

そして当サイトでは、全貌を現した大怪獣の調査を続行。対策についても全力で臨むつもりである。乞うご期待。

 

「シン・ゴジラ」公式サイト
http://shin-godzilla.jp/

陸上自衛隊公式HP
http://www.mod.go.jp/gsdf/index.html

投稿者:ToyGun.jp編集部