PICK UP!銃の各部名称・ライフル編その1【初心者さん、いらっしゃい】

2016年01月28日

企画

銃の各部名称・ライフル編その1

いきなり反省なんですが・・・。

《初心者のかたに分かりやすく》がモットーと謳いながら、銃の各部名称を表現するにしても()で申し訳程度の説明というアバウトにも程がある書き方をしておりました。「リアサイト」っていきなり言われても「リア充が運営するウェブサイト」の略称かな?なーんて思ってしまいますもんね・・・。あれ?思いませんか?

そこで今更ではございますが、銃の各部の名称を、どのような役割を果たすものであるかという解説を交えてご案内したいと思います。そんなことは百も承知じゃい!というかたも退屈されないように工夫させていただくつもりでございます。

 《アサルトライフル編》

2015_¢ŠE‚Ì–¼e100_202-207Še•”–¼ÌƒKƒCƒh.indd①【マズル】
銃口のことです。弾が出るとこです。ターゲット以外の方向には絶対向けてはいけません。覗いてもいけません。指を突っ込んでもいけません。鉛筆を入れても削れません。
②【フラッシュハイダ】
マズルの周りを覆う部品です。実銃では発射時に銃口から放たれる閃光を軽減させる役割を担っています。
③【バレル】
銃身のことです。このパイプの中で弾が加速されるので、歪んだり汚れたりすると極端に性能が落ちてしまいます。バレルのクリーニングはメンテナンスの基本。ただし、パイプマンは絶対使わないように。
④【フロントサイト】
その名の通り先っちょにある照準装置です。狙うときは⑨のリアサイトからフロントサイトを覗き、両サイトを目標に合わせます。
⑤【ハンドガード】
撃つときに⑩のグリップを握っていないほうの手でここを持ちます。実銃では射撃を続けると銃身が熱々になるので、手を熱から守るためのカバー的なもの。リアクション芸人にとっては不要でしかないパーツ。
⑥【マガジン】
弾倉のことです。この中に弾が入ってますので、安全のため撃つ直前までは銃に装填しないでください。本当に余計なことですが、少年が心待ちにする漫画週刊誌や漫画月刊誌とは別物です。
⑦【トリガーガード】
用心鉄とも言います。⑧のトリガーにうっかり触れたり、何かが当たって弾が発射されないための囲いです。映画「続・荒野の用心棒」でフランコ・ネロが歯でトリガーガードを噛み外すというミラクル過ぎるド根性を見せましたが、あれはあくまでもフィクションです。
⑧【トリガー】
引き金のことです。これを引けば弾が出ます。引かなければ弾は出ません。アタイに気安く触ると火傷すっぞ!
⑨【リアサイト】
銃本体上部の最後方にある照準装置です。狙うときはリアサイトから④のフロントサイトを覗き両サイトの目標を合わせます。リアサイトは上下左右に微調整可能なものが多いです。因みに冒頭でも書きましたが、リア充が(以下、割愛)
⑩【グリップ】
握りのことです。基本的に利き腕の方で握り、人差し指だけを伸ばしてトリガーを引きます。両利きのYouは左右どちらでも好きなほうでヤッちゃいなよ!
⑪【セイフティ】
安全装置のことです。撃たないときにはオン(弾が出ない位置)に合わせます。弾の発射方法(単発・連射など)を切り替えるセレクターレバーを兼ねていることもあります。
⑫【ストック】
銃床(じゅうしょう)とも言います。撃つときに肩を当てて銃を安定させるためのもので、固定型から伸縮型、折りたたみ型など様々なタイプがあります。
⑬【バットプレート】
撃つときに肩が当たる面に付いている板状の部品。衝撃吸収のためゴムで出来ている物が多く、滑りにくいようにゴツゴツしたものもあります。でも、相方のボケがスべらないようにゴツい顔面のツッコミを配する芸人というのはいないと思います。
 以上

蛇足の方が多くなり尺を取りすぎたので、ボルトアクションライフルについては次回の「銃の各部名称・ライフル編その2」でご案内します。

※注:この記事はあくまでも銃器の各部名称について解説する記事であり、ネタ目的のものではありません。

 

投稿者:ToyGun.jp編集部