PICK UP!エアガンを扱う際の鉄則【初心者さん、いらっしゃい】

2015年07月23日

NEWS 企画

_DOI4614

エアガンも実銃も扱い方は基本同じです

ベテランゲーマーの方や、エアガンの知識のある方には「なにを今さら!」と、お叱りを受けそうですが、初心者の方向けの【基本中の基本】かつ【絶対的ルール】のご説明としてお許しください。

銃を扱う上で何よりも重要な鉄則として

・全ての銃器は弾丸が装填されているものとして慎重に扱うこと。

・標的を定め、撃つことを決めるまで絶対に引き金に指をかけないこと。

・銃口は常に安全な方向に向けること。

・標的と標的の後方にあるものを十分に確認すること。

が、挙げられます。

これは、「銃口管理」と呼ばれ、実銃はもちろん、遊戯銃(エアガン、モデルガン)問わず当て嵌まるものです、

銃大国アメリカにおいては、銃を使用した犯罪の被害のみならず、一般家庭における銃の事故(暴発)によって命を落とす人も多いのが実情です。最近でも子供が子供を、子供が母親を、銃の暴発により死に至らしめる痛ましい事件が続発しています。

日本においては身近に銃が存在せず、そのような痛ましい事件が起こることはまずあり得ません。しかし、サバイバルゲームは勿論、自宅やフィールド外のセーフティゾーンにおいても同様に、エアガンの取り扱いを誤ると相手や自分に大怪我を負わせる危険性があります。

BB弾とはいえ、ある程度の速度で飛んで来ますので、無防備な箇所に当たると痛いです。ましてや剥き出しの肌に直に当たると真っ赤に腫れ上がることもあります。ですから、安全規格に適合し、市販/使用されているトイガンの使用、ゴーグル装着必須、専用フィールド内でのプレイという徹底したルールのもとで安全に行われているのです。

サバゲーのテクニックや勝敗よりも何よりも重要であり基本である「銃口管理」を守れない人にはサバゲーを行う、トイガンを扱う資格はありません。

ゲーム中のエアガンの携行においても

・待機中および移動時はエアガンの銃口を常に真下に向け、引き金に指をかけない。

・敵チームの動きを察知したら、銃口を斜め45度の状態に保持(この時点でも引き金に指をかけない)。

・撃つ目標を捉えたら銃口を目標に向け、狙いを定め、撃つ事を決めてから初めて引き金に指をかける。

というプロセスを守るようにしましょう。

 

昨今、サバイバルゲームが男女問わず多くの層に支持されてくるようになったのは、ルールが守られ安心安全な競技であると認識されるようになった何よりの証拠です。

これからサバイバルゲームを始めようとしている方、初めてトイガンを購入する予定の方、是非以上のルールを守ってトイガンをサバイバルゲームを楽しみましょう!

 

 

投稿者:ToyGun.jp編集部