サバイバルゲーム・スタートガイド「第5章・ポジション&仲間との連係プレイ」

2015年07月06日

企画

DSCF0041-1024x6

第5章 ポジション&仲間との連係プレイ

サバゲーはサッカーや野球などと同様に、チームワークが重要となる競技です。
本章では、チーム内で各プレイヤーが担うポジション、行動をともにするバディ(相棒)との連携プレーについて簡単ではありますがご案内しましょう。

●サバゲーのポジションとは

ƒ|ƒWƒVƒ‡ƒ“

1・コマンダー
その名の通りチームの司令塔となるポジション。小型で軽量の銃を携行し、周囲の動きを把握しながら作戦を組み立て、迅速な指示でチームを牽引していくリーダー的存在です。サバゲーを熟知している、冷戦で判断力に長けたプレイヤーが適役でしょう。

2・アタッカー
ゲームのスタートと同時に先陣を切り、チームを勝利に導く突破口となる「切り込み隊長」的ポジション。真っ先に最前線で交戦するため、躊躇なく突撃をかけられる度胸とパワー、そして瞬発力が必要です。体力自慢の元気者が適役でしょう。

3・オールラウンダー
状況に合わせて豊富なスペックを発揮する、万能選手的なポジション。
瞬時に戦況を把握し、それに応じた役割を実戦するテクニックと臨機応変さが求められます。サバゲーで各ポジションを経験済みのベテランが適役でしょう。

4・ガンナー
牽制射撃で弾幕を張り、仲間をバックアップする縁の下の力持ち的ポジション。多弾数の銃を駆使して敵チームの動きを封じ、仲間を見守りながら先へ進ませる重要な存在です。気配り上手でバランス感覚に溢れたプレイヤーが適役でしょう。

5・スナイパー
映画でもお馴染みの一撃必殺のスナイパー(狙撃手)。ただし、サバゲーにおいてはエアガンの威力制限もあり、後方からの中距離射撃で敵の侵攻を阻止し、チームの最後の砦となる役割を担います。忍耐強く、射撃の腕に長けたプレイヤーが適役でしょう。

以上、おおまかに分けて5つのポジションとなりますが、ゲームの種類や人数などによって役割も異なる場合があります。大事なのは、自分勝手なスタンドプレイや危険なプレイを行わず、戦友(チームメイト)と協調しながらゲームを楽しむことです。

DSCF0039

●バディ(相棒)との連携プレイ

仲間とのコミュニケーションバランスは勝利の要。同じフィールドの飯を食う仲間との呼吸が合えば、サバゲーの楽しさは倍増します。
ゲーム中、バディ(相棒)とペアで行動することでパワーも勝機もアップすること間違いなし!ここでは基本的な3パターンのコミュニケーション方法をご案内します。

1・相互カバーによる前進
例えば、片方のプレイヤーが12時の方向、もう片方のプレイヤーが3時の方向、というように、それぞれの死角をカバーしながら前進します。こうすることで視野を稼ぎ、お互いのフォローが可能となります。

2・ハンドサイン
互いに声がけをしながらの意思伝達はもちろんですが、敵が近くにいる時などに有効なハンドサインを決めておけば、いかなる状況でもスムースなコミュニケーションが図れます。

3・弾切れの際のマガジンチェンジ
敵チームとの戦闘中に弾切れが!そんなピンチの際もバディがいれば、マガジン(弾倉)交換もスムースに行えます。マガジン交換の間も、敵からの攻撃に対してバディが応戦してくれるので心強い限りです。こうして互いにフォローを行うことでピンチを切り抜けることが可能となるのです。

最後に・・・。

【マナー上級者こそ最強のプレイヤーなり】

繰り返しになりますが、「ヒットされたら必ず自己申告」は、基本中の基本です。
徹底した安全管理のもと、ルールとマナーが守られてこそサバイバルゲームは成立しているのです。エアガンやゴーグルとともに正しいマナーを装備することが鉄則。例え経験が浅くても、自己申告ルールとマナーを守れる人は、それだけでもうサバゲー上級者なのです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

さあ、皆でサバゲーを思いっきり楽しみましょう!

投稿者:ToyGun.jp編集部